土地のリースは

遠州浜団地

人口に対する負担か面積での負担かは協議の中で決定して、スクラムを組む組織を作ることが前提になる。マンションブームの顛末ニ多摩ニュータウンのマンションブーム都心のマンションブームと並んで、多摩ニュータウンでも第六次マンションブームが続いている。東京都が売れ残りの土地を破格値で処分し始め、都市機構も民間に土地を売却加えて、これまでマンション供給ができなかった多摩センター周するスピードを速めた。辺でも、下駄履きの店舗などを併設すればマンション建設が可能になり、その動きに拍車が掛かり始めた。
おかげで人口減少が見られた多摩市の人口も増加に転じた。しかし

ブームはいつか終演を迎えるはずである。都心でも多摩ニュータウンでもそれは同じで人口の集中にも限界がある。多摩ニュータウンには開発余地が残されているが、都市機構や東京都の土地処分も終盤を迎えている。
供給できる土地が無くなれば住宅供給も終了して、人口の増加は停止する同時に既に開発された地区では、子供が成長し自立していく中で世帯分離が始まっている。
人口増加や減少の状況は、土地供給や家族の成長変化に委ねられるというのがニュ住まいを利用する世帯のライフサイクルが1110年から三タウンの特徴であり現実である。五年とすると、その周期で建て変わればそれぞれに新築の住宅を提供すればよいことになるが、つまり三世代の利用に供することができる堅牢な建物は100年使えるのである。のが多摩ニュータウンの集合住宅である。
多摩ニュータウンの開発は街開きから四現在、0年を経過している。すでに建設された中古を次の世代が使ってい今後は新築ではなく、〈ことが運命付けられた都市でもある。
日本の住宅が二五年から三〇年で建て替え時期を迎えていた戦後の木造住宅とは違い、コンクリートで造られた集合住宅は堅牢である。
任せられる人がいないので古くなったものを活用して新しく住む仕組みや技術が欠かせない。とりわけ若い世代は中古には拘らない人が比較的育っているようだ。古着を着たり他の人と住まいを共有したりすることにも抵抗無く受け入れられる素

住宅取得層の現在、中心世代は10代後半から四〇代前半だとすれば、六0代七0代の豊かな親世代からの支援も得られ、貯蓄の多い親の資産も当てにできる可能性を持っている世代でもある。住宅購入については積極的な世代といえよう。
その世代の不動年々、産への負債額平均の上昇がそれを物語ってい貯蓄動向調査による。
ると四0代の前半を中「住心に毎年のようにが増宅·土地の負債」加しているがバブル経済に踊らされた団塊世代も比較的多くの負債を抱えている中古マンション活用の動きマンションブームで新築マンションを購入する世帯ばかりではなく、中古市場に目を転じると物件のチラシは毎日のように新聞折り込みやポスティングチラシで目にしている。
こうしたチラシ情報を集めてみると、色々なことが解ってくる。
次第に中古物件数が少なくなっているように見える。その情報を集めてみると、筆者の手元に届く多摩ニュータウンの中古マンションの新規物件を恒常的に整理しているデータ二00五年度はで概算すると、二○○三年度は一八○物件、二00四年度は一五0物件、中古不動産の販売会社にとっては新規11IO物件と新規中古物件の総数は減少している。

一億総不動産屋

必ずチラシとしてユーザーの目に触れるわ物件を紹介することが欠かせない仕事だから、けで、その数を当たってみるとこうした結果がでた。言い換えると中古物件の流動化は進んでいて、比較的在庫が少なくなっているという側面と、定住化が進んでいて中古物件で市場に出るものが少なくなっているという両側面がここにはあるように思う。中古市場の動きが進んでいる理由はやはり若い世代の住宅取得であるし、高齢者世代のエレベーターなしマンションの1階への移住が多摩ニュータウンの特徴であろう。
また定住化が進んでいると言う裏付けとしては、バブル時のマンション購入でのキャピタルロス

現状の新築マンションが高齢者等の小規模世帯に合致したものの顕在化を避ける動機や、显イ亻がないことで、現状のマンション市場に適切な供給が無いことが住み移れない原因になっているとように思う。
ただ、こうした状況も団塊世代が資産を継承する110年後には余剰住宅が市場にあふれ従って、あえて新築を選ぶ時代ではなくなっているはずである。今新築ているだろうし、長マンションとして売り出している住宅の価格が買いやすい条件が整っていたとしても、良質な中古物件を選んで自らのライ期ローンを組んで住宅購入をするのは得策ではなく、フスタイルに改装して住むという居住スタイルが普通になる可能性がある。
母親を老人ホームに入居させた多くの市場がそうであるように古く多摩ニュータウンの中古マンション価格の推移は、ただし、その価格帯の振れ巾は大きく、同じ時代のものがなればなるほど価格が下がる。その条件により大きな差があ平米当たり110万円から三0万円の幅に分布しているなど、良好な管理は新築と異なり中古価格は市場が決めることになるので、るのも見逃せない。

不動産価格に反映する。

Aという人気の団地の中古物件は殆ど市場に出ないが、Bという団地の物件はチラシでよく見るというように、市場からも中古相場の人気不人気は把握できる最近の民間分譲マンションについても販売から11年も経たないのに中古売却されているマンションもあるし、二〇年も経っているのにめったに中古市場に出回らない物件など人気マンションについては予約客が付いていて、売り物件が出たとたんに客様々である。

が付くという状況がある。こうした中古取引は表には出てこないが、近隣の住み替え状況を見ていく中で解ってくる。

つまり良い管理をしているマンションは高く売れるということは実態としては証明されつつあるということになる長らく不動産価値は地価であるという常識に慣れていて、マンションと言う不動産を粗末に扱ってきたのだが、簡単に建替のできないマンションであるだけに、その管理が中古価格に影響を及ぽす時代が来ている。

建物の定期的な修繕の有無や長期修繕のためのコミュニティのあり方や動物との共生などのマンション利用そのものが価積立金の状況、格評価の対象となっている状況は、戸建て住宅中心に地価で評価した不動産事情を一変さ中古物件の単価を物件毎に見ると必ずしも古いから安いわけでせる可能性を持っている。

所得倍増計画

はなく、古くても高額のマンションは現れており、市場はこうした評価を織り込んで流通しているとはいえ全体としてはマンションの中古価格も時間と共に減額評価されていくとしても管理組合が主体的に自らの資産をバージョンアップしていくことが出来れば、その資産価修繕のみではなく改良工事などを通じて、値を高めることに通じるのだ。
他のマンションにはないクオリティを高めていくことが中古価格を下げない方法であり、住宅ローンの残高に恐れることなく生活することができる方策でもある。今後は住宅が余る時代に入るので、資産価値の評価はそのストックの質に左右される時ここしかないマンションが尊ばれる時代が代になる。どこにでもあるマンションよりも、その時にあなたのマンションが見捨てられないように、今から準備してもらいたい。来る。

多摩ニュータウン衰退の筋書き新規供給が無くても世帯数が減らない人口減少は、見方を換えると空き家が発生してい住宅ストックの維持管理にも問題が発生していない状況であると考えるないことであり、ことができる。だからその地域は健康であると言える。しかし、世帯数が減ると言うことは空き家が発生して、維持管理にかかわる費用の回収やコミュニティの問題が発生することに結びつく。

任せられる人がいないので持ち家具体的な展開としては多摩ニュータウンの住宅ストックである持ち家戸建て住宅機構住宅,公社住宅·都民住宅公営住宅民間の賃集合住宅の中のどこかに空き家が発生することであり、管理費や修繕積立金、貸住宅家賃などの滞りが多摩ニュータウン全体の経済循環そのものを危うくさせる危険要素にもなる可能性を持っている。
現在、多摩ニュータウンでは持ち家については入居率が高く推移しているし、建替などの検討をしている団地を除いて空き家率は極めて低い。また、新規分譲マンションも売れ売れ残り空き家も少なく当面はこうした状況が続くと予測される。行きは順調で、こうし

た状況とは裏腹にマンションブームの影響を直接的に受けているのが「機構住宅,公社住比較的新しい広めの住戸の空き家が多く発生している。

ゼンリン宅·都民住宅」であり、の住宅地図では居住していない住戸には名前が書かれていないことを利用して、最近発行住棟の半数以上も空き家のある機構や公社の団地や住棟がある。

預金通帳の動きに関して不明瞭な点がある場合

働いて稼ぐ

こうした役割に対しても係わっていく必要があると思っていて、多摩ニュータウンの新しい事業として展開しなければと

考えている。こうした事業をいち早く実現する方法として、国が推進する経済特区の考え方が活用できそうだ。公営住宅も公的賃貸住宅も入居制限を撤廃して自由化することで、民間賃貸住宅や持ち家の賃貸利用も巻き込んだ住まいの自由市場を形成する。

もちろん福祉型の住宅である公営住宅対象世帯も全体の中で受け入れ、高齢者住宅も既存のエレベーター付それぞれの特徴にあった世帯に対して住まいの選きの民間賃貸住宅で積極的に提供する。択枠を広げることで、空き家のない環境を作り上げることが出来る低所得世帯には家賃補助で対応する。経済特区収支はの中で連担してバランスを取貧しさが集中しないことで自助努力の意識も高まり、ればいい。
不要な甘えによる生活保護費などが節約できる。高齢化に対応したエレベーター設置も無理をしないで既存の民間賃貸住宅のエレベーターが活用可能だ。
最小限の投資で最大限の経済効果を生む方法、あむやみな投資を軽減できる方法がそるいは仕組みを変えるだけで現状の問題を解決して、多摩ニュータウンではその試みが可能であり、まずは多摩市域で実験的に取こにはある。
小さな借家掛かることが効果的であり、求められている背景がある。その為には実行するためのテーブルを作ろう。四とにかく実践から始める多摩ニュータウンのまちづくり活動市民提案型まちづくり事業補助金という制度があり、「多摩ニュータウ多摩市には·まちづくり専門家会議」も応募した。その選考の為のプレゼンテーションを行うために市役所の会議室に応募者が集まった。
応募者総数一七団体が一堂に集まり、順番に企画提案の説明を行うのだが、その提案者の多様なテーマに驚いた。子育て支援、映画フォーラム、スポーツ、文庫、都市間交流、高齢者支援、古典芸能、障害者支援、コミュニティセンター活動、ピースボート、まちの安全確保、環境美化、教育支援、住宅管理支援と多様なジャンルで、会場は熱気に溢れていた。これは多摩市の補助事業であるから、多摩ニュータウンの中の一部での活動である。

これに八王子市、町田市を加えるとさらに多様な活動があるが、稲城市、実態は今回の補助金に応募しなかったグループの方が多い。それほど地域活動は盛んで、市民による活動の中にはすでに公共施設の管理や活動を主導的に運営しているNPOも育っている。

またアダプト制を活用した市民参加も随所で増えてお公園管理や道路の管理など里親制度り、まちづくりやまち育てを市民一人一人が責任を持って係わっていこうという活動が盛とりわけ多摩ニュータウンでは多摩丘陵の里山活動が盛んで、んになっている。
炭焼きや稲作などの農作業、造林に育林という里山では欠かせなかった活動を楽しむ人々がおりボランティアで地域の維持管理を支援している。多摩ニュータウンは居住の場所であるが、そこには自然と一体になれる優れた環境があその環境を享受しつつ守り育てる活動が続いている。

白か黒か

まちの資産は住まいだけではなく、自然環境も施設もそこにあるもの全てが生き生きと活用されて始めて,孫々に渡っ

多摩ニュータウンのこうした活動の一つ一つが人々の生活の息て継承される都市となる。吹となり生き甲斐となって、明日の元気を生み出す源になる。そこにはコミュニティを育て自然を愛し環境を守ろうという強い意志がある。
多摩丘陵に国家的なプロジェクトとして膨大な資金を投入し、どこにもないしっかりとした基盤整備を整えた市街地は創られた。それを活かし続ける役割はそこに居住する市民である。
多摩ニュータウンに住み着いた市民は、さらに自らの資金を投入してまちづくりまち育てに立ち向かう時代に入っている。まちづくりに欠かせない三要素、コミュニティ、エコノミーと三つのバランスが保たれた市街地は他にはない財産である。
エコロジー、次代の人々が受け継ぐ為にも、今ある多摩ニュータウンをさらに住みよいものにしていくのは我々多摩ニュータウン住民の役割であり、まちづくりを専門とする私のビジネスでもぁ「多摩ニュータウン·まちづくり専門家会議」の役割「多摩ニュータウン·まちづくり専門家会議」は住まいの循環を提案しているが、多摩ニュータウンには他にもまちづくりNPOがあり、独自の活動を始めている。
各々の活動メンバーは異なっていても、多摩ニュータウンへの思いは共通している。何れも多摩ニュータウンが将来的にも活発に息づくホットスポットでありたいと考えているし、高齢者も子育て世帯も若者も安心して居住出来る場であり続けたいと考えている。

従って、基本的には多摩ニュータウン住民として同一の目標を持って進む市民グループ同士である「多摩ニュータウン·まちづくり専門家会議」はまちづくりや住まい作りの専門その中で住まいを活家の集団として、住まいを補うまちと住宅に絞って提案している。
預金通帳の動きに関して不明瞭な点がある場合それはかす住まいを守る住まいを繋ぐであるそして事業化を推進しているコーポラティブ住宅事業であり、住まいを補う現在、は、多摩ニュータウンに不足している住宅を増やそうという試みである。方法としては新規供給に繋がる部分とコンバージョンなどで新たな利用形態に変更することが可能で、これにはバ求められる医療施設の整備など、アフリー住宅の確保や福祉的な居住施設の整備、現在「永山ハウス既存団地内で高(仮称)」で事業化しようとしている内容も含まれる。また、求められてい齢者のための賃貸住宅を建設する行為も住まいを補う行為である。
つまり、るが、不足しているか提供されていない住宅について、新たに提案をして供給しようと言う活動である住まいを活かすとは、今後発生する賃貸住宅の利用をアレンジすることやそしてさらには学校などのコンバージョンによりコレクティブ住宅などを整備す空き家の利用、るなどの既存ストックを活用した他用途への改造改修をすることである。

それは全面的な建て替えではなく、ストックを活かした団地再生を考えている。居住者が考え求められる団地やマンションの再生を支援するといった既存のストックを有効に活用する為の業務に関する行為である。住まいを守るとは、マンション管理や環境整備、基盤整備などのインフラを含めて都市の社会資産の長期活用を目指す行為である。

都市を守ることに関する行為で、今後の多摩ニュータウンにとっては、住まいを守ることが最重要課題であり、多くのマンション

管理組合で取り組んでいる行為ではあるが、さらに公的賃貸住宅の維持管理も重要課題であり、安易に建て替えに走りそうな動きに留意し、意見することも出来るよう客観的な視点が求められる部分である住まいを繋ぐであるが、今後、多摩ニュータウンには多様な住まいが共存す最後にることになるが、これらを居住ニーズにマッチングさせる支援や無駄な空き家を生まない多様な活用方法に誘導することが重要な役割になる。

取引費用

こうした住まいと住まいを繋ぐ役割、そして人と住まいを繋ぐ役割、さらに後世に資産を繋ぐ役割を「多摩ニュータウン·まちづくり専門家会議」は担っていこうと考えている。多摩ニュータウンで居住する人の幸せであり、我々の活動の目的は、日本でも有数の住宅都市の資産を無駄にしないで、有効に活用することで資産の流動化によるストックの経済循環を促し、安定した社会を実現しようとするものである。
そこには子供たちが生き生きと育ち、近隣のコミュニティに守られて育ち、学びそして働く場を持ち、高齢者たちは年金でもゆったりと安心して過ごせ、見守られて最期を迎えられる環境作りを目指していニュータウンを復活させる「人口の吸収のためにニュータウンが生まれたのだから人口減少社会では元に戻せばいと言う論理は現実的ではない。

しかし、実態は人がいなくなれば住宅地としての機能い」は崩壊して廃墟となることもあるのがニュータウンでもある。だからこそ、生まれてきたニュータウンをどう育てるかが課題になる。例は悪いが「生まれてきた子供には罪はなのだから、その子を抹殺するのではなく、どう育てるかを見定める責任が国や自治体い」必要のない子だからといって映画ターミネーターのように消去にはある。

赠与契約は各年のものでありすることは出来ないのだから……。ニュータウンの復活を司るのは住んでいる人である。つまりその地に居住している人々人が住まなくなったニュータウンを復活させることは出来ないしのコミュニティである。求められていないものを無理矢理押しつけるのは好ましくなぃ。ここで言うコミュニティは、人と人が織りなす人間関係の復活である。職場と住居の間にしか生活の場を持たなかったサラリーマンが居住地域に目を向け始めることが始まりとなる。
すでに、退職やリストラ、ワークシェアリングなどで時間を余らせている中高年層の地域活動が生まれ始めている。地域に住み続ける覚悟を決めた世代のコミュニティ活動が活発である。こうした活動を誘発させ育成することがニュータウンを復活させる切っ掛けになる。もう一つの課題は経済ニュータウンが地域社会の中で経済的に成立しなけである。れば継続は難しい。

任せられる人がいないので

広告主に関する事項

単なる家財道具の片づけにとどまらず、このように、私どもの仕事は、現場に遺された遺品

途切れかかっていた家族の糸をつなぎとめるという重要な役割をも背負っているとによって、考えています。何年も遺品の整理をしないということは、いつまでも故人の人生がそこに残っていることに故人がスッキリとこの世をまっとうできていないことにもなります。なり、すぐに片づけてしまうと、その反面、故人の人生をさっさと世の中から消してしまうようでつらく感じてしまう方もいらっしゃいます。

あまり片づけを急ぎすぎず、少しは故人の遺した遺品を見ながら、故人を偲んであげることも必要ではないかと思います人は亡くなるとさまざまなものを遺します。遺言、亡骸や遺品だけでなく、遺族、財産、借金、思い出、後悔、恨み、少なからずやり残しがあり、記録、記憶などを遺し、心残りを抱き亡くなってしまうものだと思います。片づける必要がなく残すべきものは、遺言、遺族、財産、思い出、記録、でしょうか。
片づけなくてはいけないものは、片づけたいけれど不可能なものは、亡骸と遺品、借金ですね。後悔と恨みと記憶でしょう。
加齢や病気などで余命宣告を受けているという例外はあるかもしれませんが、ほとんどの人は、自分の最期の日を事前に知ることはできません。現実にはあり得ないことでしょうが、命を落としたあとに、「せめて数日だけでもいいので、前もって死ぬ日がわかっていたらなぁぁれだけはしておきたかった」なんて気持ちになっているかもしれません。
故人の気持ちを考えながら遺品の整理をしてあげるのは供養にもなるのではないですので、でしょうか。しかし、故人の秘密を知るのはプラスのことばかりではありません。
土地のリースは知ってよかったことと、知らなければよかったことのどちらも知ることになる可能性があり知ることによって精神的にダメージを受けてしまう遺族がいることも事実です死んだら無罪放免とはいいますが、遺された遺族が悲嘆に暮れないような配慮のある生き方も必要だということがわかりますそして、今、親の家を片づける立場にある人も、将来誰かに片づけてもらうことになるのです。
すべての人は遺品整理をしてあげる立場と、遺品整理をしてもらう立場の両方になるということを理解しておきたいものですキーパーズがお手伝いしていることなぜ遺品整理をお手伝いするサービスが必要とされる時代になったのでしょうか。それは家制度の崩壊から核家族化が進み、別居という生活スタイルが多くなったことで単身世帯が増加し、家や家財道具が共有財産から専有財産に変わってきたからですね。

宣伝になりますが、私どもキーパーズが提供しているサービスを紹介しておきましょう。
貴重品や形見分け品の捜索や分別梱包·不要な遺品の屋外への搬出搬出後の室内簡易清掃形見分け品の全国配送不用品の引き取り業者の手配リサイクル可能な品の買い取りサービス·遺品の合同供養サービス

自動車やバイクなどの廃車の手続き室内の消毒、脱臭作業·遺骨の海洋散骨の手伝いお布団などの遺品供養パック実用新案自宅の事前整理サービスクーパーズ高齢者住宅入居パッククーパーズ家屋の解体やリフォーム工事ホームパック不動産の売却や買取、ホームパック無料査定相続手続きの専門家の紹介や、·目売売死後事務委任契約キーパーズESP·遺品整理費用を補償する少額短期保険の取り扱いキーパーズESPずいぶん多くのサービスがあるのだなぁと感じる方もいらっしゃるはずです。

特積みでやったらどうか

これは遺品整理サービスのパイオニアとして、虫目冬遺品の整理のお手伝いをする中で、困り切ったご遺族を見るたびに、お手伝いの範囲を広げてきた結果です。逆にいえば、親の家の片づけをする場合、これらの作業や手続きの多くが必要になってくるというわけです。

なぜキーパーズは誕生したのか?とても意味のあるものです。

遺族にとって親の家の片づけにともなう遺品整理は、遺品が語る故人の生きざまからはさまざまな学びがあり、故人からの最後のプレゼントだと私はできる限り遺族が自らの手でするのが望ましいと考えます思いますので、故人との関係があまりよくなかった遺族にしかし、時間や精神的にゆとりのない遺族やとってみれば、かなりの負担となってしまうのも事実です。

親を亡くして悲しみに暮れている遺族が、しなくてはならない死後の諸手続きがたく突然、さんあります役所への手続きや届け出、納骨の手配など、あまり経験のな火葬の手配や通夜葬儀の手配、睡眠不足になるほど忙しい日が続くのです。い遺族にとってみれば、相続の手続きが始まります。

それが終わると、一定の期間内に手続きをしなくてはならないものがあり、遺族がゆっく相続の手続きには、りと落ち着いて亡き親を偲ぶ間さえないのです。これまた大変な出来事に直面するのです。

市場家賃の払えない住宅困窮者そんな時期に遺品整理という、遺品の整理をすることが非常につらいというこのように慌ただしい状況の中で、あるとき、ご遺族にお会いする機会がありました。「ひっこしやさんのリサイクルショップ」を運営する当時私は全国初の50代の姉妹でした。引越センターを経営しており、依頼を受けて見積もりに出向いたときのことです。
タンスとソファは私の自宅、冷蔵庫と洗濯機は妹の自宅に送ってほしいのです私は疑問に思って、室内にはまだ大量の家財道具が残っていました、その姉妹にお聞きしました私そのほかの家財道具はどうされるのですか?「今から処分業者やリサイクルショップを探すのよ……」姉妹私それならすべて私にお任せいただけませんか?本当に?このときこのタイミングですべて引き受けてくれる人は神様に見えるわ!姉妹といわれて一瞬何をいっているのか理解できませんでしたが、よくよく室内を見渡すと”神様”遺影と骨つぼが目に入りました。そのときになって初めて、単なる引っ越しではなく、亡くなった父親の遺品整理だったと気がついたのです。それがきっかけとなり、遺族になり代わって遺品の整理を代行する専門会社が必要なのではないかと考え、2002年に日本初の遺品整理専門会社を設立したのです。
当初は、形見品や貴重品を捜す荷物を分別して片づけるリサイクルできるものは買い取る形見分けの品を運ぶ空になった室内を清掃する単純な作業だけを一括でお引き受けすることで、遺族の負担を軽減できるサービスというとして始まったこの会社でしたが、遺族の話をたくさんお聞きし、遺品整理の意味がそれだけ提供するサービスの幅を広げてきたのではないと気づかせてもらいました。

その気づきから、です生活スタイルも変化してきました。少子化が進み、未婚の人や離婚した人も多く、年齢にか

ひとり住まいの方が特に、このような時代背景の中で、かわらず単身世帯が激増しています。

遺品の整理が遺族にとってお葬式以外にしな賃貸契約の解除、亡くなったあとの家の売却や、新たに発生したわけですねくてはならないこととして、多くが仲がよかった親子関係ばかりではありませんが、私どもにご依頼いただくご遺族は、遺品はごみではないという.最後くらいちゃんと送ってあげたいという気持ちをお持ちです。

幕張A地区

私どもと同じ考えを持たれている方が多いのです遺品整理という認識はありま遺品整理会社を創業する前にも、たしかによく考えてみると、身内を亡くしたご遺族からの依頼で片づけのお手伝いしたことは何度もありませんでしたが、した便利屋さんかごみ屋さんなど単純に遺品をごみとしかし、その当時の処分の方法としては、して捨ててもらう業者に依頼するしかなかったのです。最期くらいしっかりと片づけをして送ってあげた遺品をごみ扱いしてほしくない、そこで、遺品はごみではないという考え方の遺品選択肢のひとつとして、いというご遺族のために、整理専門サービスを創ろうと考えたのです。

「おじさんたちは、

天国へのお引っ越しをしているんだね!」小学生の一言からすてきな言葉が生まれました神奈川県亡くなられた方の奥さん、長男夫婦と子ども遺品整理は、天国へのお引っ越しのお手伝い「『天国へのお引越し®』私どもキーパーズが、のお手伝い」をキャッチフレーズにしようと思ったのは、小学生の男の子の一言があったからですあるお宅の遺品整理でのお話です。
「1年前に亡くなって今までそのままにしておいたのですが、いつまでもそのままにしてはおけないし、かといって自分たちで片づけてしまうのも心残りでできなかったのです。思い切って業者さんにお願いしないといっまでも片づかないと思って声をかけさせていただきました」「ありがとうございます。誠意をもってお手伝いさせていただきます」「すみませんね。

私たちがウロウロしていては、スタッフの方にしてみればお邪魔でしょうね」「そんなことはないですよ、遺品の確認をお願いすることもありますのでいらしていただいたほうが助かりますが、5時間ほどかかると思います。お疲れのないようにしてくださいませ」最近では、遺族の立ち会いもないまま淡々と私どもだけで遺品整理をすることも多く物理的にはたしかに作業は速く進むのですが、どこか寂しさを感じていたなりました。
のも事実です思い出話をお聞きしながら、家族愛が感じられるような温かい雰遺族の方と一緒に、ですから「そんなこ囲気の中でお手伝いをしているほうがやりがいを感じるものです。
フラット35は社交辞令やお世辞などではなく、本心でした。とはないですよ」遺品の搬出もほぼ終え、部屋の掃除をしていると、小学生の男のお孫さんを連れて缶ジュースを持ってきてくださいました。スタッフを集めてお礼をいい、しばし休憩をとりながらその缶ジュースを飲んでいたときです。男の子がもの珍しそうに尋ねてきました。
ねえ、おじさんたちは何をしているの?遺品整理という言葉は難しいだろうと思い、「亡くなったおじいさんの男の子に荷物を片づけているんだよ」と私が答えると、「おじさんたちは、男の子は天国へのおといってくれたのです。
引っ越しのお手伝いをしているんだねー」その場では気にとめなかったのですが、すべての作業を終えて会社に戻ろうと車に乗っているときに、天国へのお引っ越しか……と、ストンと胸に落ちてきたのでし天国へのお引っ越しのお手伝いをしているんだね!