母親を老人ホームに入居させた

天の配剤

しかし、現実は次の入居者からも同額の入居金を徴収しているのが日本ドイツの老人ホームでは、預かり金を返却しても次の入居の有料老人ホームの姿である。者から預かるので差し引きゼロで事業は成り立っているという。そのことが、退去しないで居続けてもらうことが、新たな募集をしないでいられるので、施設側も経営が有利に展つまり長生きをしてもらうことで経営は安定する構造になっている1-0。開するという。
それに引き替え、日本の老人ホームは入居金の消却期間が終われば退去してもらった方が経営的には有利に働き、長寿を支える構造になっていないのが現実である。雨後の竹の子のように有料老人ホーム事業に乗り出す事業者が多いのも儲かる事業であるという一点に目標があることが解る。これはシステムの問題である。
長寿を喜べるシステムを生

みださなければ日本の高齢者は不幸であるここに、地域の人々が求めている住まいの姿が浮かび上がってくる。
そこに住み続けることで事業者も居住者も共にメリットのある環境を造ろうと考えることが、正しい住まい新しい事業が生まれるきっかけになると考える。
片づける事業者も居住者も共にハッピーな住宅づくりが求められている。若い人から高齢者まで共に住むコミュニティが育まれる環境が必要だ。また地域の施設を共有するネットワーク型のサービスが提供される住まい作りが求められていて、公的な施設を広く活用できる経費のかからない高齢者の住まいが望まれる多摩ニュータウンにある住宅ストックや廃校になった学校施設や土地の活用によって高齢者世帯の多様なニーズに対応できる住宅供給が期待されている。
また、高齢者同士が共に住むグループリビングや多様な世帯が協力して生活を組み立てるコレクティブハウジングなど、新しい住まい方や新しい家族の形が多様な住宅ニーズに対する住まいとして提供できる環境が多摩ニュータウンにはある。

知らない間に

さらにこうした住宅供給を支援するための組織もそろい始めており、地域のまちづくりやまち育ての専門家の役割として今後期待される事業になりつつあるコンバージョン住まいの姿は住む者のニーズで変化する。とりわけ高齢者の住まいには相互に支え合うという構図が望ましく、グループで居住することが生活の安定に繋がるという意味で望ましい住まいの形として各所で創られている。多摩ニュータウンでもこうした住まいのあ方が望まれていて、私もどこかに実現したいと考えているが、土地を購入してまでの投資賃貸住宅経営者の事業に相乗りする形でしか実現は難しいと思われる。
は困難で、しかし、既存の建物を活用すれば改造などの費用は必要だが、投資も少なくグループ居住の施設を整備できる可能性があり、廃校になった校舎を活用したり空き家の発生する既存の賃貸住宅を活用した供給も新しい住まい方を実現するには好都合なストックだ。ほた校舎などの利用は空間の大きさから開放的な施設利用にもってこいで、学童保育施設や子育て支援施設や福祉系の施設などにも転用できそうだ。
また、理科室や家庭科室などの設備を活かす利用方法も考えられ、時代に求められる用途を広く受け入れることで多用途に活用することを推進することが望ましい。
土地のリースは現在、コンバージョンの研究は様々な機関で行われており、専門の書籍も世に出て広く実績も重ねている。しかし多くの場合、建築基準法や消防法などの法基準に適合させるとに窮している現状が見られ、必ずしもスムーズに進んでいるとはいえない。こうした状既存建物の存続やストックを活かした計画については、況を改善するためには、現行法の適材適所の準用を行うような配慮が欲しいものである。
遵守一辺倒な基準ではなく、古い建物を用途変更して使う方法は、欧米の再開発には頻繁に使われていて、煉瓦造りの倉庫を活かした店舗や、工場を利用した住宅など、コンバージョンの事例は多様だ。
私がドイツの小さな田舎町で訪ねたコンバージョンは、木造の麦の製粉工場を銀行に改装したもので、村の真ん中にさり気なく利用されている形は、古い昔のまちなみ景観を守ろうとする村の人々の強い意志が現れていて、訪れるものの安心を誘うものだった。
とはいえ

村にはモダンな学校やクラシックなデザインだが新しい老人ホームもあり、決して古くさい印象ではなく、古いものを大切にしている暖かい心を感じさせる集落を形成していた。これまで学校や住宅で形作られていた。多摩ニュータウンの景観は、建設された当時は目新しく凛としてシンプルなデザインは気持ちのいいものとして受け止められていたはずである。
しかしデザインは流行があり、過去のデザインは疎まれるようになってしまった経緯がある。だからといって全てを否定する考え方は間違っている。

改葬許可申請書

折角建てられたスシンプルで分かり易いデザインにトックを廃棄するのではなく、当時の基本的な考え方、対して現在のデザインエッセンスを加えることで、過去のデザインコンセプトを生き返らせることは出来るはずである。多摩ニュータウン内の都営住宅には1階をピロティとして団地内の管理をする倉庫代わりに使われている住棟もあり、おそらく建設当時の考え方の中で、未来の利用を考慮して

ピロティとして建設したものの、現在ではあまり役立っていないものがある。こうした資そこに高齢者の住宅と共同の生活の場を加えるだけでコレクティブな住まいが実現産は、する。こうした活用可能なストックもあることを発見していこう。
それにより多様な世代が安心して居住できるようになるのだギリシャやスペイン、イタリアなどの古い石造りの構造には、ガラスがよく似合う。
土地のリースはゴシックやロマネスクの建物にガラスの階段がしつらえられ、エレベーターが敷設されている。美術館や博物館に利用されている建物には、こうした設えが上手に組み込まれている。現代の機能や性能をシンプルな材料を加えることでモダンなデザインとして復活させる努力が成されている。多摩ニュータウンの建物も同様に、活用できる建物である。ストックを活かすデザインを見つけよう。住まいを繋ぐ住まいは人の生涯を凌ぐ利用が出来るもので、今後の住宅は100年以上利用可能な住宅として建設される。
強いて言えば昭和五六年の新耐震設計法施行以来の建物についてはこうした長寿の住宅を、100年以上の寿命を持っているものと理解している。時代のニーズに対応させながら機能や性能を高めつつ利用し続けていくことが我々の役割であり多摩ニュータウンの住宅資産は殆どが未来に継承できる住まいを後世に繋ぐことになる。優良な建築物である。
その活用を考え将来に繋ぐことは今を生きるものの義務である我々はみんなでそれを進めなければならない。住まいを利用する世帯は多様だ。
賃貸を由とする者、戸建てを理想とする者、利便地区共同生活を望む者などまさに十人十色の選択をするのが住宅であのマンションを望む者、る。こうした住宅のニーズに的確に対応する住宅が市場にあれば良いのだが、限られたエリアで限られた情報の中では対応出来きれないのが実情。そこに住情報の広場が必要になる。住まいの選択肢が広がれば広がるほど現在の市場で活動している不動産屋では対応しきれない状況が発生する。
高齢者の場合も子育て世帯の場合も現状の住まいの問題からの脱却と将来に向けての理想的な居住の場を求めている。
そこに住まいを繋ぐ役割が求めら個人個人では対応できない住まい探しを専門に請け負う組織が欲しい。れている。こうしその役にはNPOがふさわしい。た人と住まいを繋ぐ仕事、今後の住宅事情は持ち家も借家も混在すると考えている。
持ち家の賃貸化は当然であるが賃貸住宅の持ち家化も公的賃貸住宅のみならず民間賃貸住宅でも現れると思われるし所有形態もスケルトン所有も定期借地もあり、借家状況も転貸や定期借家など多様な利用形態が発生する。
住宅所有や利用の形態が複雑になってくればくるほど、住宅と居住者所有者を繋ぐ役割も重要になり、住まいのベストマッチを提案する役割が住宅市場に欠かせないものになる住まいを繋ぐとは、住まいの活用について世代を越えて繋ぐこと、住まいと人とを繋ぐ役割、複雑な住まいのあり方を柔軟に運用して社会ニーズに即した住まいを提案することなど、住まいを繋ぐ役割は今後の多摩ニュータウンの居住を支える為にも重要なポジショ「多摩ニュータウン·まちづくり専門家会議」ンになる。