任せられる人がいないので

広告主に関する事項

単なる家財道具の片づけにとどまらず、このように、私どもの仕事は、現場に遺された遺品

途切れかかっていた家族の糸をつなぎとめるという重要な役割をも背負っているとによって、考えています。何年も遺品の整理をしないということは、いつまでも故人の人生がそこに残っていることに故人がスッキリとこの世をまっとうできていないことにもなります。なり、すぐに片づけてしまうと、その反面、故人の人生をさっさと世の中から消してしまうようでつらく感じてしまう方もいらっしゃいます。

あまり片づけを急ぎすぎず、少しは故人の遺した遺品を見ながら、故人を偲んであげることも必要ではないかと思います人は亡くなるとさまざまなものを遺します。遺言、亡骸や遺品だけでなく、遺族、財産、借金、思い出、後悔、恨み、少なからずやり残しがあり、記録、記憶などを遺し、心残りを抱き亡くなってしまうものだと思います。片づける必要がなく残すべきものは、遺言、遺族、財産、思い出、記録、でしょうか。
片づけなくてはいけないものは、片づけたいけれど不可能なものは、亡骸と遺品、借金ですね。後悔と恨みと記憶でしょう。
加齢や病気などで余命宣告を受けているという例外はあるかもしれませんが、ほとんどの人は、自分の最期の日を事前に知ることはできません。現実にはあり得ないことでしょうが、命を落としたあとに、「せめて数日だけでもいいので、前もって死ぬ日がわかっていたらなぁぁれだけはしておきたかった」なんて気持ちになっているかもしれません。
故人の気持ちを考えながら遺品の整理をしてあげるのは供養にもなるのではないですので、でしょうか。しかし、故人の秘密を知るのはプラスのことばかりではありません。
土地のリースは知ってよかったことと、知らなければよかったことのどちらも知ることになる可能性があり知ることによって精神的にダメージを受けてしまう遺族がいることも事実です死んだら無罪放免とはいいますが、遺された遺族が悲嘆に暮れないような配慮のある生き方も必要だということがわかりますそして、今、親の家を片づける立場にある人も、将来誰かに片づけてもらうことになるのです。
すべての人は遺品整理をしてあげる立場と、遺品整理をしてもらう立場の両方になるということを理解しておきたいものですキーパーズがお手伝いしていることなぜ遺品整理をお手伝いするサービスが必要とされる時代になったのでしょうか。それは家制度の崩壊から核家族化が進み、別居という生活スタイルが多くなったことで単身世帯が増加し、家や家財道具が共有財産から専有財産に変わってきたからですね。

宣伝になりますが、私どもキーパーズが提供しているサービスを紹介しておきましょう。
貴重品や形見分け品の捜索や分別梱包·不要な遺品の屋外への搬出搬出後の室内簡易清掃形見分け品の全国配送不用品の引き取り業者の手配リサイクル可能な品の買い取りサービス·遺品の合同供養サービス

自動車やバイクなどの廃車の手続き室内の消毒、脱臭作業·遺骨の海洋散骨の手伝いお布団などの遺品供養パック実用新案自宅の事前整理サービスクーパーズ高齢者住宅入居パッククーパーズ家屋の解体やリフォーム工事ホームパック不動産の売却や買取、ホームパック無料査定相続手続きの専門家の紹介や、·目売売死後事務委任契約キーパーズESP·遺品整理費用を補償する少額短期保険の取り扱いキーパーズESPずいぶん多くのサービスがあるのだなぁと感じる方もいらっしゃるはずです。

特積みでやったらどうか

これは遺品整理サービスのパイオニアとして、虫目冬遺品の整理のお手伝いをする中で、困り切ったご遺族を見るたびに、お手伝いの範囲を広げてきた結果です。逆にいえば、親の家の片づけをする場合、これらの作業や手続きの多くが必要になってくるというわけです。

なぜキーパーズは誕生したのか?とても意味のあるものです。

遺族にとって親の家の片づけにともなう遺品整理は、遺品が語る故人の生きざまからはさまざまな学びがあり、故人からの最後のプレゼントだと私はできる限り遺族が自らの手でするのが望ましいと考えます思いますので、故人との関係があまりよくなかった遺族にしかし、時間や精神的にゆとりのない遺族やとってみれば、かなりの負担となってしまうのも事実です。

親を亡くして悲しみに暮れている遺族が、しなくてはならない死後の諸手続きがたく突然、さんあります役所への手続きや届け出、納骨の手配など、あまり経験のな火葬の手配や通夜葬儀の手配、睡眠不足になるほど忙しい日が続くのです。い遺族にとってみれば、相続の手続きが始まります。

それが終わると、一定の期間内に手続きをしなくてはならないものがあり、遺族がゆっく相続の手続きには、りと落ち着いて亡き親を偲ぶ間さえないのです。これまた大変な出来事に直面するのです。

市場家賃の払えない住宅困窮者そんな時期に遺品整理という、遺品の整理をすることが非常につらいというこのように慌ただしい状況の中で、あるとき、ご遺族にお会いする機会がありました。「ひっこしやさんのリサイクルショップ」を運営する当時私は全国初の50代の姉妹でした。引越センターを経営しており、依頼を受けて見積もりに出向いたときのことです。
タンスとソファは私の自宅、冷蔵庫と洗濯機は妹の自宅に送ってほしいのです私は疑問に思って、室内にはまだ大量の家財道具が残っていました、その姉妹にお聞きしました私そのほかの家財道具はどうされるのですか?「今から処分業者やリサイクルショップを探すのよ……」姉妹私それならすべて私にお任せいただけませんか?本当に?このときこのタイミングですべて引き受けてくれる人は神様に見えるわ!姉妹といわれて一瞬何をいっているのか理解できませんでしたが、よくよく室内を見渡すと”神様”遺影と骨つぼが目に入りました。そのときになって初めて、単なる引っ越しではなく、亡くなった父親の遺品整理だったと気がついたのです。それがきっかけとなり、遺族になり代わって遺品の整理を代行する専門会社が必要なのではないかと考え、2002年に日本初の遺品整理専門会社を設立したのです。
当初は、形見品や貴重品を捜す荷物を分別して片づけるリサイクルできるものは買い取る形見分けの品を運ぶ空になった室内を清掃する単純な作業だけを一括でお引き受けすることで、遺族の負担を軽減できるサービスというとして始まったこの会社でしたが、遺族の話をたくさんお聞きし、遺品整理の意味がそれだけ提供するサービスの幅を広げてきたのではないと気づかせてもらいました。

その気づきから、です生活スタイルも変化してきました。少子化が進み、未婚の人や離婚した人も多く、年齢にか

ひとり住まいの方が特に、このような時代背景の中で、かわらず単身世帯が激増しています。

遺品の整理が遺族にとってお葬式以外にしな賃貸契約の解除、亡くなったあとの家の売却や、新たに発生したわけですねくてはならないこととして、多くが仲がよかった親子関係ばかりではありませんが、私どもにご依頼いただくご遺族は、遺品はごみではないという.最後くらいちゃんと送ってあげたいという気持ちをお持ちです。

幕張A地区

私どもと同じ考えを持たれている方が多いのです遺品整理という認識はありま遺品整理会社を創業する前にも、たしかによく考えてみると、身内を亡くしたご遺族からの依頼で片づけのお手伝いしたことは何度もありませんでしたが、した便利屋さんかごみ屋さんなど単純に遺品をごみとしかし、その当時の処分の方法としては、して捨ててもらう業者に依頼するしかなかったのです。最期くらいしっかりと片づけをして送ってあげた遺品をごみ扱いしてほしくない、そこで、遺品はごみではないという考え方の遺品選択肢のひとつとして、いというご遺族のために、整理専門サービスを創ろうと考えたのです。

「おじさんたちは、

天国へのお引っ越しをしているんだね!」小学生の一言からすてきな言葉が生まれました神奈川県亡くなられた方の奥さん、長男夫婦と子ども遺品整理は、天国へのお引っ越しのお手伝い「『天国へのお引越し®』私どもキーパーズが、のお手伝い」をキャッチフレーズにしようと思ったのは、小学生の男の子の一言があったからですあるお宅の遺品整理でのお話です。
「1年前に亡くなって今までそのままにしておいたのですが、いつまでもそのままにしてはおけないし、かといって自分たちで片づけてしまうのも心残りでできなかったのです。思い切って業者さんにお願いしないといっまでも片づかないと思って声をかけさせていただきました」「ありがとうございます。誠意をもってお手伝いさせていただきます」「すみませんね。

私たちがウロウロしていては、スタッフの方にしてみればお邪魔でしょうね」「そんなことはないですよ、遺品の確認をお願いすることもありますのでいらしていただいたほうが助かりますが、5時間ほどかかると思います。お疲れのないようにしてくださいませ」最近では、遺族の立ち会いもないまま淡々と私どもだけで遺品整理をすることも多く物理的にはたしかに作業は速く進むのですが、どこか寂しさを感じていたなりました。
のも事実です思い出話をお聞きしながら、家族愛が感じられるような温かい雰遺族の方と一緒に、ですから「そんなこ囲気の中でお手伝いをしているほうがやりがいを感じるものです。
フラット35は社交辞令やお世辞などではなく、本心でした。とはないですよ」遺品の搬出もほぼ終え、部屋の掃除をしていると、小学生の男のお孫さんを連れて缶ジュースを持ってきてくださいました。スタッフを集めてお礼をいい、しばし休憩をとりながらその缶ジュースを飲んでいたときです。男の子がもの珍しそうに尋ねてきました。
ねえ、おじさんたちは何をしているの?遺品整理という言葉は難しいだろうと思い、「亡くなったおじいさんの男の子に荷物を片づけているんだよ」と私が答えると、「おじさんたちは、男の子は天国へのおといってくれたのです。
引っ越しのお手伝いをしているんだねー」その場では気にとめなかったのですが、すべての作業を終えて会社に戻ろうと車に乗っているときに、天国へのお引っ越しか……と、ストンと胸に落ちてきたのでし天国へのお引っ越しのお手伝いをしているんだね!